石鹸だけで落ちる系の日焼け止めは、汗をかいて拭いたら落ちているとみて良い事

Print

先日、町内会の子ども会の作業で、町内にある公園の草取りをしたんですよ。

私は一応完全フル装備?で、帽子を被ってサンバイザーをして、更にお肌にはしっかり日焼け止めを塗ってやって来たのです。

朝8時半から~9時までの30分間だったんですが、お日様がサンサンと輝き~紫外線も強烈に降り注いだので、多分特に日焼け止めも塗っていなかったであろうドコかの誰かのお父さんのお肌がうっすら日に焼けて黒くなっていたので、これは重装備してきて正解だったな!と思ったのは言うまでもありません。

しかし、さんさんと照りつける日差し=熱で暑い!ので、当然の様に額からダラダラと汗が滴り落ちてくるのです。

439923

もちろん!抜かりはありません。

汗を拭くスポーツタオルも持参しましたので、ちょっと木陰に入って帽子とサンバイザーを取って汗をしっかり拭き取りましたよ。

で、また帽子とサンバイザーを装備して、草取りに従事するんですが~、その後は刈り取った草を指定のゴミ袋に詰めてゴミ置き場に持っていくという作業だったので、この辺は力仕事と言うこともありお父さん方にお任せして、木陰のベンチに座ったのです。

座った途端、汗がまたぶわっと流れてきたので、また帽子を取ってサンバイザーを外して~タオルで汗を拭うのですが、なかなか全部を拭き取ることが出来なかったですね。

で、時間が来たので解散して、帰宅して~もうフル装備も解除して、汗だくになった身体の汗を流すためにシャワーを浴びて~洗面台で顔を確認したら・・・・。

何と!?

あんなにフル装備で出かけたのに!日焼け止めも塗ったのに!?おでこがこんがり~な色合いになっていました。

427841

どうも、石鹸で落ちる系の日焼け止めには、ダラダラ流れる汗に対する耐性は無かった!と言って過言ではなさそうです。

しかも、汗が目に入るとしみるのを防ぐためにセッセと拭いていたのも仇となった様で、セッセと拭いていた所中心で焼き目?が付いている感じに焼けてしまっていたのです。

これは・・・もう、このムラな焼き具合を隠すために、全体をこんがり焼いてしまうか、または根気良く美白化粧品でケアして色白お肌に戻すのか?と言う二択になったのは言うまでもありません。

ただ、まだ本格的な夏の日差しを浴びたわけでもないので、とりあえず後者の美白化粧品でセッセとケアする道を選ぶ方向です。

この美白対策の効果が出るまでには時間がかかると思いますが、何もしないでこんがり焼くよりは数倍マシだ!と言うことで、頑張って美白に戻そうと思います。

179977

石鹸だけで落ちる系の日焼け止めは、汗をかいて拭いたら落ちているとみて良い事 はコメントを受け付けていません。 美容系ブログ