知っておきたい、熱中症の時期と対策。

449224

近年は、地球温暖化の影響も相まって、

8月でなくとも暑い日が続いていますね。

地球温暖化を少しでも食い止めたい。

でも暑いから空調を付けている会社や学校、予備校も多く存在します。

空調を利かせても28度ぐらいですが、外に出れば30度を超えている状況です。

149921

そこで気を付けたいのが熱中症です。

今回は、熱中症が起こりやすい時期とその対策をご紹介いたします。

これを見て、熱中症予防に励みましょう。

熱中症と言えば、日向に出ればすぐに汗をかきそうな気温の高い真夏日をイメージさせそうですが、

実は、真夏日でなくとも注意する必要があるのです。

それは梅雨の晴れ間や梅雨明けです。

446605

梅雨と言えば、雨でジメジメしていて、暑いというより蒸し暑い状況ですよね。

湿度があるから、熱中症になり得るのかな?

という疑問もあるかと思いますが、

熱中症というのは、体の体温が上昇することによって起こりえます。

つまり。

蒸し暑さによって、体温を上手に調節できないため熱中症になるのです。

また、6月ごろは暑さの耐性が付く前ですから、

熱中症対策を怠っている人も多いのです。

これは、国立環境研究所という機関が、

時系列を見た時の熱中症患者の推移をグラフ化しているモノもあります。

一度調べてみてはいかがでしょうか。

熱中症の対策は、体の温度を上げ過ぎないことにあります。

そのためには、こまめな水分補給涼しい服装

そして、体に無理をさせない事です。

真夏日でなくとも、熱中症になりえますので、十分に注意してくださいね。

133948

知っておきたい、熱中症の時期と対策。 はコメントを受け付けていません。 日常