熱中症の症状の1つ「熱けいれん」とは?

124192

皆さんは、日頃から運動をされていますか?

運動不足を解消しようと、ウォーキングやジョギング、

他にもサークルに入ってテニスをしたり。

社会人の方でも、色々な運動・スポーツが出来る社会になってきました。

もちろん、会社が忙しくて……などの理由はあるかもしれませんけどね。

そんな日ごろの運動ですが、頑張り屋さんですと、

真夏日でも継続している方がおられるかもしれません。

頑張ることが悪い事だとは思いませんし、むしろ良い事だと思います。

度が過ぎては問題ですがね。

Print

しかし、夏場に頑張りすぎると、体を壊してしまう恐れがあります。

特に「熱中症」の一つである「熱けいれん」には、

十分注意しなければなりません。

健康のために始めた運動が、健康を害することになっては元も子もありませんからね。

そこで。

今回は「熱けいれん」の対処法についてご紹介いたします。

「熱けいれん」とは、どんな症状を引き起こすのでしょうか。

「けいれん」と言われれば、腕や足がプルプルと小刻みに震える様子がイメージできるかもしれません。

まさしくその通りで、血液中の塩分濃度が低下したことにより、

体が震えるのです。

筋肉痛や手足がつる症状なども、「熱けいれん」に分類されます。

この「熱けいれん」ですが、対処法はスポーツドリンクをこまめに飲むこと

血液中の塩分濃度が下がっているので、

水を飲むのではなく、0.9%の食塩水を飲むことです。

087471

「0.9%の食塩水」というのは、生理食塩水と同程度の効果が期待できる水になります。

生理食塩水とは、体に染み込みやすい塩分濃度の水です。

運動によって失った塩分を取り戻すためにも、

素早く体に浸透する水が効果的なのです。

しかし、自分が発症した時に食塩水を作っている余裕があるのでしょうか。

恐らく、無いと思いますし、震えた手で分量を間違える可能性もあります。

ですから、手軽なスポーツドリンクを飲むように心がけましょう。

何事も、日頃の準備が大切なのです。

439661

知っておきたい熱中症の時期と対策

熱中症の症状の1つ「熱けいれん」とは? はコメントを受け付けていません。 日常