浴衣や着物を着るときは左前、右前どっち?その理由は?

454492

浴衣や着物を着るときに迷うのが、左前と右前です。

直前になって「どっちだったっけ!?」とパニックになってしまう方も多いのではないでしょうか。

間違えると「幽霊だ~」とからかわれてしまいますので、

ここはビシッと着こなしたいものです。

ここでは、浴衣や着物が左前なのか、右前なのか、

そしてその理由についてお話していきましょう。

性別に関係なく浴衣も着物も左前!

洋服だと男性と女性で左前、右前が違うことがあります。

しかしながら、浴衣と着物においては男女で違いはありません。

共通で左前になります。

これは頭で覚えるよりも、体の感覚として覚えたほうがわかりやすいかもしれません。

例えば、時代劇で懐から武器やお金を取り出すときに、

たいていの場合、右手を左胸のほうに突っ込みます。

基本的に右利きの方が多いでしょうから、

懐から何かを取り出すとなったときには自然にこうなるかと思います。

この動きというのは、左前でないとできない動きです。

ただ、この左前のことを着付けの際には右前と呼ぶこともあります。

これによって混乱してしまう方が多くなるのかもしれません。

というのも、着付けでは「前」という言葉を「先」という意味で使います。

そのため、着付けでの右前というのは右が前になる状態ではなく、

右を先に合わせた状態を指すのです。

間違った合わせで堂々としている方というのは、

この言葉を間違えて解釈してしまっているのかもしれません。

221763

なぜ左前なのか?

なぜ左前なのかということですが、

これに関してはある程度予想がつくという方も多いのではないでしょうか。

なぜ左前なのかというよりも、

なぜ右前にしてはいけないのかと考えたほうがいいでしょう。

というのも、右前というのは死人に白装束を着せるときの合わせなのです。

そのため、浴衣や着物で間違って右前で合わせてしまうと、

早死にする」といわれています。

要は、縁起が悪いので避けたほうがいいという話なのです。

こういった理由があるので、浴衣や着物は左前だと言われているのです。

浴衣や着物を間違って右前で合わせていると、「おばけだ~」「幽霊だ~」と冷やかされてしまうのもこういったことが関係しているからなのです。

生きている以上、浴衣や着物は左前でビシッと着こなしていきましょう。

082058

浴衣のクリーニング!料金と日数はどれくらいかかるの?

説明できますか?浴衣と着物の違い!

浴衣や着物を着るときは左前、右前どっち?その理由は? はコメントを受け付けていません。 日常