説明できますか?浴衣と着物の違い!

401518

浴衣と着物、言葉の使い分けはしているものの、

具体的にどこがどう違うのかをよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

実際に、ぱっと見では浴衣なのか着物なのかわからないことがほとんどです。

ここでは、浴衣と着物の違いについてお話していきましょう。

 下に着るものが違う

まず浴衣と着物では、下に着るものが違います。

浴衣の場合には、基本的に普段身につけている下着のみとなります。

女性で下着の透けが気になる方は、

キャミソールやペチコートを利用する方もいるかもしれません。

一方で、着物の場合には、長じゅばんというものを必ず着用することになります。

長じゅばんというのは、言ってしまえば着物専用の下着です。

これが浴衣と着物の違いになります。

106668

 素材が違う

次に、素材についてです。基本的に浴衣は木綿

着物は絹と木綿でできているものです。

ただ、最近では浴衣にも着物にも化学繊維が使われるようになっていますので、

使われる素材の数としては着物のほうが多い傾向にあります。

使っている素材も素材の数も違いますので、

当然そういったものも価格に反映されます。

だからこそ、浴衣は比較的リーズナブルで、

着物はお高いものとなっているのです。

特に、着物で絹の割合が高ければ高いほど、価格も高くなっていきます。

ただ、絹が多い分、着心地は良くなります。

458072

 着用するシーンが違う

そして、着用するシーンについてです。

浴衣に関しては、夏場に着るもの、夏祭りに着て行くものというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

浴衣の生地は薄く、夏を涼しく過ごすのにピッタリです。

そういった意味では、浴衣は季節も限られますし、

着用するシーンというのも限られてきます。

しかしながら、着物というのは季節に関係なく着用することができます。

さすがに夏は暑いかもしれませんが、

着物は浴衣のように特定の季節にのみ着用するものではありません。

オールシーズン着用できる上に、着物の場合にはフォーマルなシーンでも着用することができます。

浴衣は着心地も楽ですし、着るのも着物に比べれば簡単です。

しかしながら、さすがに浴衣はフォーマルなシーンには向きません。

こういったところを考えると、浴衣はラフな格好が許されるシーンで、

着物は真面目なシーンで着用するものという違いもあるのかもしれません。

082058

浴衣のクリーニング!料金と日数はどれくらいかかるの?

浴衣や着物を着るときは左前、右前どっち?その理由は?

説明できますか?浴衣と着物の違い! はコメントを受け付けていません。 日常