夏の日差しの紫外線対策は、ドコまでやったらベスト?日焼け止めを塗るだけじゃ防げない紫外線の魔の手!

420226

この季節、紫外線の脅威に怯えてたくさんの紫外線対策アイテムを装備しているお母さんを街中でよく見かけるのですが、その重装備さに言葉を失う程だったりします。

普通の人なら~出かける時に露出しているお肌⇒顔や手~脚などにとりあえず日焼け止めを塗る程度と言う人が殆どかも知れません。

しかし、実際はそれだけでは全く!紫外線を防げてはいないのです。

特に無防備なのが頭皮で、頭皮は髪の毛が生えている関係で日焼け止めを塗る事は難しい事から帽子を被るのです。

でも、帽子を被ると蒸れて頭皮にも良くないしそれに薄毛の原因にもなるからイヤだな~と言っている人が多いのですが、帽子をかぶる事で熱中症対策白髪の増殖を防ぐ事が出来るので、帽子は確実に被った方がイイのです。

白髪対策になるのはヨシとしても~薄毛対策にならないから嫌だ!と言う人は、UV遮蔽率99%以上の日傘を使うようにしてください。

確実に頭をガードしていれば、とりあえず薄毛と白髪の対策が可能だと思います。

更に、半袖から出ている腕の紫外線対策を日焼け止めだけで抑制し続けるのは難しいので、アームカバーを使うのがオススメです。

Print

ただ、暑い日中にアームカバーをしている所を目にすると見ている側も暑くなってしまう場合があるので、出来れば色は黒くなくてサワヤカそうなデザインや色のアームカバーを着ける事をお勧めします。

また、日焼けをするメカニズムで、身体は紫外線をほぼブロックしている状態だったとしても、目から入る紫外線の情報~特に道路など道から反射して目に飛び込んでくる紫外線の量だけで、脳が勝手にこの身体の皮膚は紫外線を大量に浴びたから、お肌のメラノサイトからメラニン色素を分泌しなければならない~と言う誤情報を皮膚に伝達してしまい、特に日焼けした!わけでもないのにお肌が黒く焼けて行ってしまう現象に遭う事があるのです。

なので、出来ればサングラスをして目に飛び込む紫外線情報をカットしたりまた、自転車に乗っている人がよく着けている顔全体を覆うタイプのサンバイザーを装着する事をお勧めします。

とりあえず完全装備のお母さんは、露出しているお肌に一番紫外線カット効果の高い日焼け止めを塗り、日傘を差して帽子を被り、サングラスをしてアームカバーをして、脚は常時長いズボン系を穿いているのが定番だったので、この装備を真似して外出すればとりあえずそんなに焼けた!と言う事にはならないと思います。

と言う事で、今年の夏は焼かない!と決めている方は是非!この完全装備で頑張ってみてください。

101926

夏の日差しの紫外線対策は、ドコまでやったらベスト?日焼け止めを塗るだけじゃ防げない紫外線の魔の手! はコメントを受け付けていません。 美容系ブログ