七夕に入籍するのは縁起がいいの!?

433760

突然ですが、皆さん。

結婚と言えば、なにをイメージされるでしょうか?

十字架の掲げられた教会で、純白のドレスやタキシードを着た二人が祝福される。

145952

和式でしたら、紋付き袴に白無垢などの服装を着た二人をイメージされる。

335245

そんな方は、大勢いるかと思います。私もその一人です。

そうそう。6月に結婚式を挙げる「ジューンブライド」もイメージされますよね。

今回は、結婚する時期――具体的には、7月7日に結婚する事について、ご紹介いたします。

え? 「6月じゃないのか?」 ですって?

いいえ。今回は、七夕でもある7月7日にスポットライトを当てたいと思います。

さて。七夕と言えば、織姫様と彦星様が、1年間頑張ったご褒美に会うことが出来るとてもめでたい日。

逆に言えば、この日以外は、会いたくても会うことが出来ません。

そんな日に結婚するのは、縁起が悪いじゃないのだろうか……。

いえいえ。そんなことは無いのです。

むしろ、結婚するならば、七夕の方がいいのでは?

と考えてしまうほどの有名な話があるのです。

皆さんもご存知の「七夕」

これこそが、「結婚=7月7日」という式が成り立つ理由なのです!

だから、七夕って年に1度しか会えないから、縁起悪いんじゃないの?

とんでもありません。

1年に1度だけでも、お互いに愛し合うことが出来るという事は、

それだけお互いの事が恋しくて、愛おしく思っているという証拠です!

そもそも。

織姫様と彦星様は、恋に夢中になりすぎて仕事が手に就かず、

織姫様のお父さんが二人の仲を引き裂いた。

というのが、大まかな話です。

もちろん、「引き裂いた」で終わらせず、

一年間。一生懸命に働いたならば、二人を会せようというご褒美も用意しています。

叱るだけが父親ではないってことですかね?

お互いの事を想いながら、1年間も仕事に励むのですよ?

これは並大抵の事ではありません。

相当強固な絆で結ばれた二人だからこそ、なせる大業ですね。

織姫様と彦星様の関係よりも、幸せな結婚生活をお過ごしください。

480875

七夕に入籍するのは縁起がいいの!? はコメントを受け付けていません。 日常