妊娠中の食事メニューで、気をつけたいポイントは?

171604

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんのためにも、食事メニューからしっかりと栄養を摂取していきたいものです。
「たくさん食べないと!」と気合いを入れている方もいるでしょうが、妊娠中の食事メニューにおいてはいくつか気をつけておきたいポイントがあります。

アルコールは飲まないこと!

中にはお酒が大好きという方もいるでしょうが、妊娠がわかった時点でアルコールは中断しましょう。
というのも、妊娠中にアルコールを摂取してしまうと胎盤から赤ちゃんへとアルコールが流れ込んでしまうのです。
アルコールによって胎児性アルコール症候群のリスクが高まるのです。
胎児性アルコール症候群では、低体重や脳障害、奇形などが起こるとされていますので、お子さんのためにもアルコールはピタッとやめるようにしましょう。
アルコールが大好きという方にとってはつらいかもしれませんが、一生飲めなくなるわけではありません。
一時的なものですので、我慢していきましょう。

Print

カフェインの摂取に注意!

食事のときに緑茶や紅茶、コーヒーなどを一緒に飲んでいるという方も多いでしょうが、これらにはカフェインが含まれています。
1日に1杯や2杯であれば問題ないといわれていますが、カフェインを含むものを大量に摂取すると流産や子宮内発達遅延といったリスクが高まります
コーヒーやお茶に関しては、ノンカフェインのものを飲むようにしましょう。

220051

ハーブにも注意が必要!

妊娠中のリラックス効果を狙って、いろいろな形でハーブを利用する方も多いのではないでしょうか。
ハーブというだけで体に優しそうと考えている方は多いのですが、ハーブにもいろいろな種類があります。
中には、妊婦さんにとってはよくないものもあるのです。
食事と一緒にハーブティーを飲むという方、食事にたっぷりとハーブを使っているという方は要注意です。
一般的に使いやすいとされているラベンダーカモミールアロエといったハーブは特に妊娠中には避けておきたいものです。
妊娠後期にはラズベリーリーフがいいと言われているのですが、このラズベリーリーフも妊娠初期の頃には子宮収縮のリスクがあるといわれています。
ハーブにはいろいろな種類のものがありますし、同じハーブであっても時期によっては体にとって毒となる可能性もあります。
ハーブを活用していくのであれば、その働きというものを十分に理解した上で取り入れていくようにしましょう。

437234

マタニティーヨガはいつから始めるのがいい?&気をつけるポイントとは!?

妊娠中の食事メニューで、気をつけたいポイントは? はコメントを受け付けていません。 妊婦さん