子供の「ごはんをちゃんと食べてくれない」悩みをどう見るか。どうして食べてくれないのかを究明

096925
離乳食に苦しんだ人も多いと思いますが、食事はとっても気になりますね。
せっかくバランス良くつくっても、食べてくれなかったり、口から出したりするのを見るとなんでこんな頑張って作ったのに・・・意味がない!もう作りたくない!と思う事もあるでしょう。

中には離乳食はよく食べてくれていて、そんなに好き嫌いもなかったのに1歳を過ぎてから急に食べてくれなくなった、好き嫌いが激しくなった、というお子さんもいることでしょう。
私の場合は、娘はよく食べてくれる子だったので、離乳食でよくある「食べてくれない」悩みが実はありませんでした。
しかし、1歳を過ぎて大きくなるにつれ、食べるものが凄く偏ってしまいました。
今まで食べていたはずのものを食べない、といい、納豆とごはん、豆腐ばかりを食べたりと主に米と大豆ばかりで、野菜はなかなか摂ってくれず悩みの種でした。
未だに食べムラがあるので試行錯誤ですが、なぜそうなるのか1歳半検診で聞いたところ、「歯が生え揃っていなかったりすると、噛んでいる感触が変わってしまって食べない子もいる」とのことでした。
確かに娘は歯が生えるのは遅かったため、その理由があるかもしれないので様子見ということになりました。

どうして食べないの?その理由と原因をさぐってみよう

1まず、第一に【お腹が空いているかどうか】はとても重要です。

ついつい捕食としてのおやつを多くあげてしまったり、ジュースをたくさん飲んでしまうとやはりお腹はいっぱいになってしまいます。
そうするとごはんは勿論はいりません。
沢山運動をして、お腹がすいたところにご飯の時間がやってくれば「食べる」という子は割と多いものです。

2【同じ物ばかりで飽きた】という場合もあります。

大人も同じで、いったんブームがきて同じものを食べていてもある日「あ、もういいや」と思う事がありますよね。
子供にも飽きたりすることは勿論あります。
大人のように好きなものを好きなように食べるというよりは、大人の用意してくれたものを食べるという選択肢なので大人が「これが好きだから」といって毎回出すよりは、色々なものを出した方が、飽きが来ずに済みそうです。
勿論、続いても子供が喜んで食べてくれるのならそれはそれでいいですね。

3そして無視できないのは【体調が悪い時】です。

こればかりは子供も「今お腹がいたくて食べる気しない」や「むかむかするからいらない」なんて1歳では伝えることはほぼ無理ですね。
いつもは食べているのに今日は食べない・・・と思う時は、体調が悪くないか観察をしましょう。
水分補給だけは必ずして、母乳の子は母乳を、フォローアップミルクを飲んでいる子はフォローアップミルクを飲ませてそのあと数日全く食べないようであれば、必ず医療機関を受診しましょう。

4私たち大人全員ができることは【食事が楽しいと思える環境作り】です。

みんなが殺伐とした雰囲気で、怒ったりしながらではやはり食事の時間は苦痛になってしまいます。
また「これを食べないとダメ!!!」と無理やり食べさせたりすると、食事そのものを嫌になってしまう事になるので栄養面も気になることは勿論ですが、まずは「精神的」な面を優先させて、楽しむことを心がけましょう。

他にも子供は気分で食べたり食べなかったりすることがあります。
いつもと違う可愛い器にしてみたり、小分けにして「おかわりいかがですか~」なんて「ごっこ遊び」を取り入れたり、まだまだ手づかみで食べてしまう時期には汚れることはあきらめて、好きに食べさせてみることも大事です。
535625
子供は「どんな感触で握ったらどうなるのか」を観察していたり楽しんでいたりします。
それは子供の成長にとってプラスになります。
大人はつい、片付けのことが気になってしまいますが、大人の都合は一度置いて、子供本位で食べさせてみましょう。
そうすることで食に興味がわいたり、いつもより食べてくれることもあります。
まずは「楽しく」そして「美味しく」食べれるよう、子供のペースにあわせていきましょう。
081807

子供の「ごはんをちゃんと食べてくれない」悩みをどう見るか。どうして食べてくれないのかを究明 はコメントを受け付けていません。 育児