赤ちゃんの歯磨きは大変!どのタイミングから磨いていけばいいの?素朴な疑問も解決

149864

赤ちゃんの歯がはえてくるタイミングは、その子供によって違いますが歯磨きデビュー!と思ったら、なかなか磨かせてくれなかったり、泣いたり、口をあけてくれなかったり・・・
テレビで「上の歯~下の歯~♪」なんて歌って磨いている姿を想像していたのにわが子の姿は程遠い状況。思わず「歯磨き 嫌がる」なんて検索をしたことがある人もいるかもしれませんね。

私の娘はまさにそれで、歯ブラシを口に自分で入れて噛んだりすることはあっても、磨かせてくれませんでした。
それでも虫歯になっては困る!と嫌がる娘の頭を固定して磨いてみたり、言い聞かせてみたりとなかなか奮闘したのですが、歯ブラシにもともと抵抗がなかったのに、歯ブラシまで嫌いになったら困ると思いその強制的な方法は取りやめる事にしました。
まずはもう、とにかく歯ブラシを噛むだけでもいいから・・・と思い本人の「好き」にさせていました。
同時に、テレビでの歯ブラシのシーンを見せたり、私たち親が歯磨きをするところを見せたりママがパパの歯を磨く、パパがママの歯を磨く、など「みんな楽しくやっているよ」という姿を見せていたらある日突然「ママ」と言って歯ブラシを渡し、口を開けてくれました。
最初は勿論、少しの時間ですぐ終わってしまったのですが、たくさん褒めるとだんだんと時間が伸び、今では歯磨きに抵抗はありません。

さてそんな歯磨き、いったい何時から、どんな目安で始めればいいのでしょうか?また、どんな風に歯磨きをしていったら良いかを紹介します。

歯磨きを始める合図は、下の歯が2本生えてきてから。

意外と早いですね。歯が生えるのが早い子遅い子といますが、下の歯2本だと生後6~8か月の間には始めることになりそうです。

柔らかめの歯ブラシで、ジェルタイプの歯磨き粉を使う。

大体月齢を表示している歯ブラシが主流ですので、迷うことは少なそうです。歯磨き粉については、様々な物があり
薬局なんかでは幼児用の歯磨き粉もありますが、こだわりがあって成分が良い粉歯磨き粉でいいものを使っている、など様々です。
泡立ちにくいことが大切なので、発泡剤や研磨剤が入っていないものを選びます。

力加減は「とても優しく」で充分。

優しすぎるくらいでも汚れは落ちるので、赤ちゃんの柔らかい歯を傷つけないように、ゴシゴシ磨くのは厳禁
特に前歯部分の上にある小帯(唇と歯茎をつないでる筋)は痛がるので、人差し指でそっと押さえて保護しながら磨くと良いです。

楽しい雰囲気つくりと「歯磨きでほめられる」経験をすること。

やはり嫌な記憶になってしまうと歯磨き自体から遠ざかってしまうもの。
嫌なものでもなく、楽しいよ、と伝えてあげることと決まった時間にすることで、子供も自然と馴染んできます。
習慣になれば子供の為にも良いことですね。

以上でしたが、まずは歯磨きや歯ブラシが、子供にとって「楽しくていいもの」であることが一番です。
スキンシップのきっかけにもなりますし、神経質になりすぎて「しなきゃだめ!!」と押さえつけるよりは「まずは楽しもう」という心構えくらいでいるほうが、子供にも大人にも負担が少なく済みます。
子供のために一生懸命な気持ちは痛いほどわかりますが、虫歯になりにくい2歳前くらいまでは【楽しむこと】をメインに、歯磨きをマスターできるといいですね!
430734

赤ちゃんの歯磨きは大変!どのタイミングから磨いていけばいいの?素朴な疑問も解決 はコメントを受け付けていません。 育児