赤ちゃんのおむつって、結構臭う。そんな時に工夫できるおむつの捨て方あれこれ

ƒvƒŠƒ“ƒg
赤ちゃんは可愛いのですが、おむつを頻繁に変えるのでとにかくゴミが凄い量になりますね。

またうんちもすれば、新生児期は人によっては焼き立てのパンのにおいに感じるくらい、そこまで不快臭ではない場合もありますが離乳食が始まって大人に近付けば近づくほど、その臭いは気になります。
そんな場合に、ゴミ捨ての日まで部屋が臭いと嫌ですよね。
どんな方法で、臭いを防ぐことができるのでしょうか。

☆ベビーオムツ用専用ゴミ箱・・・流石にオムツ専用なので、消臭はバッチリです。
しかし初期コストと置き場に困ること、オムツが外れた後に邪魔になる。という事がデメリットです。

☆普通の蓋つきのゴミ箱・・・ただそこに捨てるだけではなく、ビニール袋などに入れて捨てます。
傘入れなどのビニールは細長く、使用済みオムツを入れてひねって結び、ソーセージ状にしていくつかの使用済みオムツをひとつのビニールにまとめることができます。これだけでもただ捨てるよりもずっと消臭ができます。

☆いらない新聞紙がある場合には、新聞紙にくるんでからそのうえからビニールに入れて捨てるとより消臭効果があります。
新聞紙には消臭効果があるので、生ごみも新聞紙でくるむご家庭もあるかもしれませんが、それと同じ要領です。

☆離乳食が始まってしっかりしたうんちは、あらかじめトイレに流してからおむつを丸めます。

また、ゴミ箱が温かい場所や日当たりがいい場所だとムレて臭いがひどくなります。
ゴミ箱をベランダなどの風通しのよく日の当たらない場所に置いて捨てれば、室内の臭いは気になりませんね。
しかし、周りのお家や人への配慮も必要なので、人目に付かないところの方が良いでしょう。
また脱臭剤やコバエなどを駆除するスプレーをしておくことで、虫をたからせないようにしておくことをおすすめします。
外まで捨てるのは面倒だなと思う人は、家の中であれば、トイレの中や階段下のスペースやキッチンなどにゴミ箱を設置しておけばわざわざ外にでて捨てることはありません。
おむつも放置をしておけばカビが生えたりと不衛生です。
夏場のゴミ捨て忘れはやはり雑菌の繁殖やカビの原因になりますので、必ず捨てるようにしましょう。
他にはオゾン発生器の空気清浄機があると臭いなどはすぐに解消されます。
空気清浄機だとその付近だけなのですが、オゾン発生器だと臭いに反応してすぐに消臭してくれますし雑菌やウイルス、カビなどに対しても効果的です(インフルエンザのウイルスにも効果的なのであると便利ですね)
赤ちゃんを見にお友達や義実家の人たちが来るときなんかにも、おむつの臭いを気にするよりもきちんと消臭されていると安心ですね。
出来ることは簡単ですので、おむつを捨てる際には色々工夫してみてくださいね。
081807

赤ちゃんのおむつって、結構臭う。そんな時に工夫できるおむつの捨て方あれこれ はコメントを受け付けていません。 育児