9月1日は防災の日です!いつ起こるか分からない自然災害に備えておきましょう!

プリント

防災の日は、国民が台風や、高潮、津波、地震などの災害についての

認識を深め、災害に対処する準備をするものとして定められています。

また、9月1日に定められた理由としては、

1923年に9月1日に発生した関東大震災にちなんだものとされています。

災害が発生したときに必要な物とは!?

・非常時にいつでも持って行けるように、リュックに入れて備えておく物

○懐中電灯 ○電池 ○携帯ラジオ ○ロウソク ○軍手 ○タオル ○ビニール袋

○ウエットティッシュ ○応急セット ○カンパン ○飲料水 ○ナイフ ○缶切り

○栓抜き ○食器 ○筆記具 ○爪切 ○耳かき ○携帯用トイレ ○歯ブラシ

○アルミレジャーシート ○衣服 ○救急絆創膏

※カンパンや、飲料水は毎年1回防災の日に保存期間の確認をするといいですね。

・リュックに入れておく必要はないが、持って行きたい物

○健康保険証 ○権利証書 ○現金 ○常備薬

まとめ

災害時に持って行きたい必要な物をいくつか挙げてみましたが、

個々の置かれている生活環境によって少し変わってくると思います。

赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭、体の不自由な方や、

お年寄りと一緒に生活している方など、

緊急の災害時に持って行くものを、

防災の日に1度じっくり考えてみてはいかがでしょうか?

自然災害に備えた対策グッズを準備しておくと、

安心して、毎日の生活を送ることができるのではないでしょうか?

9月1日は防災の日です!いつ起こるか分からない自然災害に備えておきましょう! はコメントを受け付けていません。 イベント