気になるお口の臭い、口臭の原因、対策について調べてみました。

お口が臭くなる原因って、いったい何が原因なのでしょうか!?

口が臭くなる1番の原因は、

食後に口の中に残る食べ物のカスをエサとして細菌が繁殖し、

それが嫌な臭いを発生させているようです。

また喫煙により、タバコの成分に含まれているニコチンやタールが臭うだけでなく、

タバコが原因により口の中が乾燥しやすくなり唾液が減ること、

歯周病になりやすいことなどで、嫌な臭いが発生しやすくなります。

唾液は、口の中を浄化する作用があるため、

加齢により唾液の分泌量が減ることにより、浄化作用が悪化し、

そのため高齢になればなるほど、

口が臭くなりやすいと考えられています。

口臭を防ぐためには、どうしたらよいのでしょうか?

予防法1  食事を終えた後、30分以内に歯磨きをすること。

口の中の細菌が繁殖し始めるのは、食事を終えた30分後に活発になりますので、

食後30分以内に歯磨きをすることが大切です。

また、寝ている間にも口の中に細菌が発生しやすくなりますので、

夜の歯磨きはとくに大切です!

063582

予防法2 禁煙をすること

ニコチンやタールなどの臭いだけでなく、口の中の環境の悪化を防ぎ、

歯周病の予防にもなりますね。

ただ、喫煙者にとっては、かなり大変なことだと思います。

084157

予防法3 健康の維持

体調を崩してしまうと、口の中の環境が悪化し唾液の分泌量が減り、

細菌が繁殖しやすくなるため、

充分な睡眠をとり、健康を維持することも大切です。

086903

気になるお口の臭い、口臭の原因、対策について調べてみました。 はコメントを受け付けていません。 悩み