七草粥の七草って何!?ちょっと調べてみました。

1月7日は、七草粥を食べるという風習があります。

七草を入れたお粥を食べ、邪気を払い、

その年の無病息災を願うそうです。

また、七草には消化促進利尿造血などの作用があり、

お正月の不摂生や弱った胃を休めるのに役立つと言われています。

七草とは一般的には、セリナズナゴギョウ(ハハコグサ)、

ハコベラホトケノザスズナ(カブ)、スズシロ(大根)ことです。

七草粥の食べ方は!?

 

106043

1月6日の夜に、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、

ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)

をしゃもじや、お玉杓子などの背などを使って細かくし、

7日の朝に粥を炊いて七草を入れ、朝食として食べるそうです。

一言

七草粥に入れる七草は、一般的にはセリナズナゴギョウ

(ハハコグサ)、ハコベラホトケノザスズナ(カブ)、

ズシロ(大根)と言われていますが、

地方によっては別の食材を使用したり、

七草を入れずにお粥そのものを食べたりする地域もあるそうです。

七草粥の七草って何!?ちょっと調べてみました。 はコメントを受け付けていません。 日常