お正月に食べるおせち料理の意味って何!?

R075907
新年を祝うおせち料理ですが、

その料理の1つ1つに意味が込められているのは御存知ですよね?

私も子供のころに何度かおせち料理の意味について、

教えてもらったことはあったのですが、

今はすっかり忘れてしまいました・・・

そこで少し気になったので、おせち料理の由来と意味について調べてみました。

おせち料理の言葉の由来は?

おせち料理と言う言葉は、元々は節句から来た言葉のようです。

節句とは、桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)などがあります。

その節句の日に神様に料理をお供えしていたのですが、

その中でも一番重要であった正月の年神様にお供えする料理

にのみ限定しておせち料理と呼ぶようになったようです。

次は、料理の意味について調べてみました。

昆布巻きの意味は?

昆布はゴロ合わせ!?で喜ぶ、巻きは結ぶという意味で、

めでたい食べ物という意味があります。

R075889

海老の意味は?

これは「老」の字に長寿の意味が込められています。

また、背中が曲がるほど長生きで元気でいてほしいという

願いもこめられています。

R110946

黒豆の意味は?

これは、ゴロあわせで、まめ(健康、勤勉)に暮らせるようにという意味があります。

また、黒い色には悪しきものを退けるという意味もあります。

R075842

数の子の意味は?

にしんの子どもで、一尾の卵が数万粒もあることから、

子孫繁栄の願いが込められていると言われています。

R075893

蓮根の意味は?

たくさんの穴があいていることから、

将来の見通しが効くとの縁起がかつがれているようです。

R075884

かまぼこの意味は?

赤は魔除けで、白は清浄(ショウジョウ){清らかで汚れのないこと}のシンボルカラーですね。

R075857

伊達巻の意味は?

昔の巻物の形に似ていることから、

文化や教養の発展を願っていると言われています。

R075883

まとめ

おせち料理には、「今年一年家族が健康で無事に暮らせるように!」という、

願いが込められて作られています。

一つ一つのおせち料理の意味を理解し、

先祖や、料理してくれた両親、料理人に感謝しながらいただくと、

よりいっそう充実した1年を過ごせるのではないのでしょうか。

お正月に食べるおせち料理の意味って何!? はコメントを受け付けていません。 日常