節分の日に豆まきをするのはなぜ!?

節分の日に豆まきをするのは、

冬が終わって新たな春を迎えるのに、

災厄邪気を払い、を招くという意味があります。

また、豆をまいて鬼を追い払うという風習の始まりは、

室町時代に中国の風俗の儀式が始まりであり、

疫病や災害を鬼にみたてて追い払おうというものだったそうです。

「豆」は、「魔目」、「鬼の目」にみたてているともいわれ、

それをやっつけるという意味もあるそうです。

節分の日の豆まきの正式な作法は、

節分の日の前日に、一升ますに豆を盛って神棚に供え、

節分の日に家の扉や窓を全て開けて、

「鬼は外!福は内!」叫びながら豆をまきます。

そして豆まきが終わるとすぐに、扉や窓を閉めることにより、

災厄邪気を追い払ってを家にとどめるそうです。

また、豆まきが終わった後は歳の数だけ豆を食べることにより、

無病息災のおまじないになると言われています。

あと厄年の人は、厄年が早く終わるようにと、

歳の数より1つ豆を多く食べると良いとも言われています。

 平成27年の恵方は西南西です!

 

R111654

 

節分の日に恵方巻き(巻き寿司)を切らずに、

丸ごとかぶりついて食べる風習は、

元々関西地方の風習でしたが、

今は関東地方にも広がっています。

恵方とは縁起の良い方向という意味で、

恵方巻きを切らずに丸かじりして食べるのは、

福との縁を切らずに、福を体の中にとり入れるという

意味があるそうです。

また、いわしを食べる風習もありますが、

いわしのくさい頭の臭いが鬼が嫌いだから!だそうです。

もうひとつ鬼の嫌いな物として痛い柊のとげがあり、

節分の日には下の図のようにして、

いわしを柊(ひいらぎ)の木に挿して門口に飾り、

魔除けとして使うそうです。

086410

一言

今回調べて見て分かったことですが、

○厄年の人は豆を1つ多く食べるのが良い

○巻き寿司を丸かじりにするのは、

「福との縁を切らずに福を体内にとどめる」などの意味がある。

○柊(ひいらぎ)いわしについては、鬼の嫌いな物を門口に飾って魔除けにしている。

など、ごく当たり前のように過ごしていた節分の日の風習が、

以外に知らないことが多くて、いい勉強になりました。

080975

 

節分の日に豆まきをするのはなぜ!? はコメントを受け付けていません。 イベント 日常