七五三で食べる千歳飴の意味は?

七五三を行うのは、11月15日ですが、

小さなお子さんのいる家庭では、一大イベントになります。

女の子なら3歳と5歳のときに、

男の子なら7歳のときに厄払いをしに衣装を着せて神社に行きます。

その時に、千歳飴を食べます。

千歳飴の意味については親が子どもの長寿を願い

縁起が良いとされている紅白それぞれの色で作られている細く長い飴です

千歳飴が入れられている袋については、鶴亀や松竹梅などの縁起の良い

絵が描かれた袋に入れられています。

ほとんどの家庭では、子供のころに七五三で千歳飴を食べていると思いますが、

千歳飴の意味については、知らない人がいるかも知れないので、

七五三のイベントがあるときに説明してみるのもいいですね。

179463

七五三で食べる千歳飴の意味は? はコメントを受け付けていません。 イベント